ブルセラショップに来たJKを、お金で釣って性奴隷にしたら、失神したので、最終的には・・・

10代のセーラー服を来た女子高生が店の中に入ってくる。

「オジさん、またパンツ売りに来たよ」

ブルセラショップを経営してはや10年。

幼い少女達は、自分のパンツやブラジャー、
そしてソックスを売りにくる。

そして10代の女子高生、女子中学生と顔なじみが
年々増えていく。

今日も週に一回程度下着を売りに来るJKのアケミが
店にやってきた。

「ねー、おじさんさ、もうちょっと高く私の
パンツ買ってくれない?」

「う~ん、それは厳しいよ。
顔出し写真つきパンツが4000円。
顔NGのパンツは2000円って相場だからなぁー。
もっとお金稼ぎたいなら、
もうちょいHな事してくれないと。」

ここ数年ブルセラショップに売りにくる少女達は、
見た目がどんどん地味になっている。

昔のコギャルだとか孫ギャルだと言われた時代とは
うってかわって、清純、真面目そうな幼い少女達が
パンツやソックスを売りにくる。

このアケミも髪すら染めていない。

黒髪のセミロングで一見すると清楚なお嬢様のような雰囲気を
漂わせている。

「う~ん、エッチってどんなの~?」

「そりゃおしっこしている所を
撮影して、おしっこを袋に詰めたりとか、
いろいろあるよ。」

「えーオシッコー?
それ誰か買うのよ?」

「可愛い女子高生のおしっこが
欲しい人が世の中にはごまんといるんだぞ」

「へーそうなんだー」

「どうする?放尿シーンいくか?」

「いくらなの?」

「一万だね。」

「え~、安すぎない?」

「だってお前、おしっこするだけで
一万だよ。安くないだろ。
十分高いよ」

「そう言われてみればそうかもしれないけど、
おしっこするところ撮影するんでしょぉー?
恥ずかしいよお」

「じゃあ顔出しOKなら+5000円つけるよ」

「ほんと?、じゃあやってみようかなぁ」

「OK!じゃあさっそくこっちにおいで。」

私はアケミをカウンターの中に入れ、
奥の事務所に連れて行く。

裏モノの撮影も出来るように、
ベッドも置かれているので、
初めてのアケミは少し不安そうな表情を浮かべている。

「大丈夫だよ。
別にとって喰いやしないよ。
さぁこのカメラをセットするから
この洗面器の放尿してみて」

私はカメラをアケミに向けると、
アケミは初めて恥じらいをみせる。

パンツ売るのも別になんとも思ってなさそうだったのに、
やはりおしっこは恥ずかしいのか。

つい私も興奮して勃起してしまう。

11

「さぁパンツ脱いで、
おしっこしてごらんよ」

「う、うん」

アケミはぴんくと白色の縞々パンツを脱ぎ、
高校の制服のミニスカートを捲り上げ
M字開脚でまんこを洗面器の上にもってくる。

「出る?」

「ちょっと緊張して出ない。
どうしよぉ」

「いいよ、ゆっくりで、
出そうになったら言ってね。」

「うん」

私の至福の時間だ。

小便出す姿勢になったものの、
恥ずかしさと緊張で小便が出てこない。

そんな10代ロリ学生がまんこ見せながら
困惑した表情を撮影するのが最高に幸せの時間だ。

私はうっとりと、
レンズ越しにアケミを見つめている。

M字開脚で洗面器の上のまたがり、
恥ずかしそうな表情を浮かべる女子高生のアケミ。

手には脱ぎたてのパンツを握りしめている。

「出るかもぉ」

私はカメラ越しに、
悶えるアケミの表情を見つめながら
生唾をゴクリと飲み込む。

そして、アケミのまんこにレンズを
合わせると、しゃーと黄色い小便が
綺麗な割れ目から勢いよく出てくる。

アンモニアの匂いが鼻腔をつく。

「出たよぉ。」

少し頬を染め、アケミは立ち上がる。

洗面器にはこの少女の黄色いおしっこが溜まっている。

「ねー、ティッシュある?
アソコ拭きたいんだけど。」

「ティッシューかー」

私はティッシュを探すふりをして、
事務所の中を見回す。

もちろんティッシュぐらいはあるのだが、
ここで普通に渡す訳にはいかない。

「んーないかもなぁ」

「えー、困るよー。
じゃあトイレでアソコ拭いてくるから、
トイレどこにあるの?」

「んートイレかー」

「トイレぐらいあるでしょう~。
ねー意地悪しないでよ」

「じゃあ私がアケミの小便ついたまんこを
舐めて綺麗にしてあげるよ」

私はゆっくりアケミの側に
近づくと、強ばった表情を浮かべて身構えている。

「アハハハ、そんなに不安そうな顔しないでしょ。
わかったよ。じゃあ+1000円だすから、
小便つきのまんこ舐めさせてよ。
お願い!」

私は両手を合わせ、笑顔で頼む。

アケミも少し表情を緩める。

「おねがい、クンニだけだからさー」

「えーじゃあ+2000円ならいいよー」

「おしわかった!
2000円プラスする!」

私は、アケミの前に行くと、
短いセーラー服のスカートを捲り開ける。

身を屈め、このJKのまんこを見つめると、
うっすらと陰毛に黄色い液体がついている。

アケミに気づかれないように、
ポケットから秘蔵の媚薬⇒http://lovetoy.jp/ を取り出し、
指につけ、まんこを広げるふりをして、
クリトリスに媚薬⇒http://lovetoy.jp/ を塗りつける。

そして、黄色い汁のついた陰毛を舐め、
小便の汁と愛液が混ざり合うまんこに舌をゆっくりと伸ばす。

「あぁ~ん」

アンモニア臭いまんこを舐めると
アケミはいやらしい喘ぎ声を出す。

私は、媚薬の効果が出るまで、
ゆっくりとクンニする。

チュパチュパと音を立て、
舐めていると、アケミの喘ぎ声が
次第に大きくなり、
そして体がビクンビクンと小刻みに震え出す。

「いや~ん、ちょっと待ってぇ
体が体がおかしのぉ」

このブルセラ少女のクリトリスに塗った媚薬の
効果が徐々に出始めたのか。

ペロペロとアケミのまんこを舐めると、
激しく喘ぎ、腰をガクガクさせている。

「おじさんん、何かしたぁ。
絶対、絶対おかしよぉ。
だめぇ、立ってられないよぉ。」

アケミはクンニしている私の顔を押しつぶすように、
腰を屈め、私の顔の上に腰を下ろす。

「あぁ~ん、すごいぃ。
おじさん私に変な事したでしょ。
もういやぁ。
すっごい感じちゃうぅ」

私の秘蔵のセックスドラッグの媚薬⇒http://lovetoy.jp/

即効性のある媚薬で、
クリトリスに濡ればどんな女もバッキバキ。

アケミは立つ事すら出来ずに、
顔面騎乗したまま、私のペニスに倒れこむ。

「お・・おちんちんが凄くほしぃ。
欲しいのぉ。
あぁ~ん、おじさんのおちんちん見せて~」

ズボンを下ろそうとするも、
快感で体中が痙攣して上手く手を動かせない。

これで準備万端だと、私はブルセラ少女のアケミをどかし、
立ち上がる。

そしてカメラをベッドの方にセットする。

アケミは、床に横たわったまま、
何もしてないのに、ガクン、ガクンと痙攣している。

私は、アケミをベッドに寝かすために、
抱きかかえるだけで、アケミは激しく痙攣する。

この女子高生もこれで私の性奴隷だ。

お姫様だっこで、アケミをベッドの上に寝かせると、
私はアケミにキスをする。

そして、セーラー服の中に手を入れ、
ブラジャーの上からおっぱいを揉み始めると、
もう我慢出来ないと、アケミは私を強く抱きしめる。

「おじさんのはやく頂戴よぉ」

「頂戴って何が欲しいの?」

「意地悪しないでよ~。
おちんちんが欲しいの~。
ねーおねがいぃ。
早くいれてよぉ」

「でも~コンドームないしなぁ~」

「もういらないよぉ。お願いぃ。
生でチンコをまんこに入れて~。」

私は優しくアケミの乳首を摘む。

「あぁ~~ん」

全身Gスポットになったアケミは、
どこを愛撫してもイキ狂う。

そんなアケミに興奮した私のペニスもギンギンフル勃起。

セーラー服のミニスカートを捲りあげ、
私は正常位でこのJKのまんこに挿入する。

軽く突いて、まんこの奥をグリグリとかき回すだけで、
アケミはまるで発狂したかのように、絶叫している。

この少女には薬が少々効きすぎたかな。

私はゆっくりピストン運動すると、
アケミは白目を剥いて失神してしまう。

「あちゃー飛んじゃったか」

ブッ飛んでしまっては面白くない。

激しいピストン運動に切り替え、
ガンガン腰を振りまくると、
アケミの体だけが激しく痙攣しるが、
一向に起きる気配がない。

私の媚薬で女子高生をぶっ壊しちゃったのか。

アハハハ

急に愉快になり、アケミの髪の毛を掴みながら、
ガンガン腰を振る。

「おい、糞女起きろ!
起きろや!」

興奮した私はアケミの髪を持って、
ガンガンベッドに叩きつけながら、
正常位でピストン運動し、絶頂の時を迎える。

ドピューーーン

JKのまんこに中出しだ。

ザーメンがまんこの中に飛び散ると、
一際大きく少女は痙攣する。

そしてペニスを出す時に、
また大きくガクンと痙攣する。

私はセットしたカメラの元に、
向かい停止ボタンを押す。

それからソファに座り、
タバコに火をつけ小休憩。

1時間ぐらい経った頃だろうが、
アケミもようやく意識を取り戻し、
ふらふらと起き上がってくる。

「おはようさん」

「お・・おじさん・・何したの・・
何で中出ししてるのおお」

アケミは捲れ上がったスカートから
まんこがザーメンで汚れているのがわかる。

「何してのよぉぉ」

アケミはベッドから私に食ってかかろうとするが、
まだ媚薬⇒http://lovetoy.jp/ が残っているのかふらふらした
足取りで倒れそうになっている。

私はもう一度ポケットから媚薬を取り出し、
指につけ、倒れ込みそうなアケミのクリトリスに
媚薬を塗りこむ。

「また媚薬⇒http://lovetoy.jp/ を塗ってあげたよ。
気持ちよかったでしょ?
お礼といっちゃなんだけど、
肉便器になってよ。
ねー俺の肉便器になってよ。
前の肉便器は完全に壊れちゃっから、
丁度新しいのが欲しかったんだよ。」

私はアケミの肩に手をかけると、
アケミは絶叫する。

「いやぁぁぁ」

いくら叫んでも無駄なのに。

また数分後にはバッキバキの全身性感帯になっている。

その後、予定通り、あの快感が忘れられない体になり、

今では週に2、3回、お店に顔を出して、

俺の性奴隷として抱かれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトオススメの媚薬