結婚前の清楚なお嬢様を媚薬でイカせまくる、「あひぃ!頭がおかしくなっちゃうぅ・・・逝かせてえーーーーー!!」

結婚前の清楚系お姉さんと媚薬セックス

3年前、大学を出たばかりの清楚なお嬢さんが、よりによって単身赴任で不自由しているSっ気の強い俺の部下として配属されてきた。

その娘が、俺の調教を受けている・・・。

あひぃ!頭がおかしくなっちゃうぅ・・・逝かせてえーーーーー!!

真希は逝く事を乞うたが、俺は聞き入れずに責め続けた。

クリトリスを指先で摘んでしごくように動かした。

そうしながら別の指で真希の淫穴の中を抉るように掻き回した。

強烈な快感が真希を襲っているが、俺は真希を下から覗き込むようにして責め続けた・・・

震えが激しくなり、絶頂を迎えようとした瞬間、俺は動きを止めた。

「!!えっ?あっ!いやぁっ!なんで?なんで止めるの?逝かせてくださいよぉ!!あぁあっ!・・・」

真希はヘタリ込んだ・・・

ハアハアと大きな呼吸を続ける真希・・・

「来週には真面目な男の元へ嫁ぐ女が、逝かせてくださいなんて、ハシタナイじゃないか?・・・なあ真希・・・」

そう言いながら、俺は真希を拘束椅子に座らせ、真希に手枷足枷を嵌めていった。

来週、真面目な男に嫁ぐ真希は25歳

半年かけて手懐けて、少しずつマゾへ墜としていった真希は、俺が見込んだ男の元へ嫁がせるのだ。

その男は優しくて誠実、真面目な男だが晩生な奴で、3歳年下の真希を紹介してやったら一目惚れした。

真希もそいつの人柄に惹かれて、めでたく婚約したのだ。

真面目で優しい奴の元に嫁ぐ真希が、マゾ奴隷だったことを隠して奴に尽くし、調教されて感じやすくなったクリトリスを舐められて快感に堪え、淫穴を奴に穿られて遅い来る淫らな欲情を必死で耐える様が目に浮かんでくるのだ。

真希は拘束具で身動きが取れなくなった。

俺は媚薬を指先につけて、真希の淫裂をめくって、ピンクのクリトリスを剥き出しにした。

「い・・いやぁ・・・めくっちゃヤダァ・・・恥ずかしい・・・うぅうっ・・・」

落涙する真希をよそに、

「クリトリスはもう勃起しているぞ。 スケベだな、真希。」

「このクリトリスをコネられると思うだけで濡れるんだろう?」

最後だから、たっぷり弄ばせてもらおうと、初めて媚薬を使うのだ。

「ほーらほら・・・M字開きのオマンコからマン汁が流れているじゃないの。」

「ううっ、やだあ・・・」

「さて、この媚薬を可愛いクリちゃんに塗りこんであげるね。

「いやだぁ・・・い・・いや・・・あぅぅっ・・・い、いや・・だ・・・あぁ・・はぁあ・・・はぅぁ・・」

媚薬をまんべんなくクリトリス全体に塗りこんでいった。

スリスリコネコネ撫で回すと、その度に真希は吐息を漏らして感じまくり、それでも口では止めてと抵抗した。

「はあぅ・・・はあうっ・・ひぁあ・・・あふっ・・・うあぁ・・・うあふぅ・・・あうぅ・・・ひぁあ・・・いい・・・いい・・あぁあああぁあああぁーーーー」

「感じてるのか真希・・・イヤラシイ女だな。撮影して奴に見せたらどうなることか・・・」

「い、いやあ・・・そんなこと・・・はあっ・・・ひいぃぃぃ・・・ひあ、ひあ、ひあ・・・・・」

俺は真希のクリトリスを薬漬けにして、その反応を楽しんだ。

「あうぁ・・あひぃ?・・・うはぁぁぁ・・・ひゃぁああ・・・ふうぅああっ・・・ひやぁ・・・あぁあ・・・・」

「気持ちが良いのかい?股がヒクヒクしてるぞ。」

「まだ逝かせてもらえないのですか?まだ?駄目なんですか・・・お願い・・・逝かせて・・・下さい・・はぁうぅぅぅ・・」

逝けそうで逝けないこのもどかしさの責めは、地獄の責めなのだ。

男だって、こんな感じで亀頭を撫でられ続けたら、泣いて射精を懇願するだろう。

それを1時間も逝かせてもらえずに寸止め地獄を続けているのだ。

あぅぅっ・・・あうぅ・・・・い・・・い・・・い・・・逝く逝くぁあああっ・・・いやぁ!逝かせてぇ!お願いよーーー

媚薬が効いて、真希の淫核はパツパツに充血して腫れていた。

めくり上げている指で淫核をコリコリと摘み回し、別の手の人差し指と中指をゆっくりと真希の淫穴に挿入した。

「おぉおぁおあっ!・・気持ちが・・・いぃ!・・気持ちいいっ!!・・・あっ!も、もっともっと・・・もっとーー・・・」

「真希はハシタナイなあ。彼氏に聞かせてやりたいよ。この変態の姿を・・・」

「あああぁあぁっ・・・お・・お願いし・・します・・もっと・・・もっと・・・おねがい・・逝かせて・・・うはぁっ!・・・くっくぅ・・・あぁんっ!・・・あぉおおおおっ!い、いぐぅ!・・・・」

「ハイ、そこまでね・・・」

動きを止めて、真希に寸止め地獄を味わわせた。

真希にとって、清楚美人を覆す最悪の地獄の責めとなっていた。

決して逝けない無限快楽地獄・・・

逝く寸前で逝きを止められ、またすぐに責め上げられた。

地獄のような快楽責めを与えられた真希は、清楚なお嬢さんではなくなり、逝きを求める淫らな淫女と化していた・・・

「逝きたいか?逝きたいか?どうして欲しい?何で逝きたい?」

「お、お、オチンポ様で・・・逝かせて下さい・・・」

俺はゆっくり真希の淫穴に肉茎を埋めて、クリトリスをコネながら前後に腰を振った。

「ああ、ああ、いい、いい、逝く、逝く、ああ、止めないで・・・中に、中に出して、オチンポ汁を中に頂戴・・・ああ・・・い、い、い、逝くぅ~~~~・・・・」

ドクドク・・・・・新妻になる真希の淫穴深く、オヤジ精液が注がれていった。

清楚美人の真希が、独身最後の安全日を調教中出しで終えた・・・

そして来週、淫乱な淫裂と蕩けた淫穴を隠して、清楚な顔で真面目な男に嫁いでいく真希だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトオススメの媚薬